これからの日本に

所p類を持っている女性

データサイエンティストという職業はありますが、明確な定義や資格はありません。このことから、データサイエンティストという職業には様々な問題が出ています。
例えば、企業が求めるスキルと、データサイエンティストが持っているスキルが異なる場合があるということです。一言でいっても、それぞれ得意な分野があれば苦手な分野もあります。肩書だけで雇用された場合は、自分のスキルが全く生かせない会社に勤めてしまうことになりかねませんので、慎重に転職先を見極めることが重要になってくるといえるでしょう。

データサイエンティストについての諸問題を解決するために設立されたのが、一般財団法人データサイエンティスト協会という団体です。この団体はその名の通りデータサイエンティストのための団体で、データサイエンティストの定義化や、育成カリキュラムの作成、評価補制度の構築を行っています。今はまだ設立したばかりなのですが、転職しよう・チャレンジしてみようと考えている方は協会についてチェックしておきましょう。
今後、需要はどんどん高まり、能力のある人はどんどん収入も増えていくことが予想されます。今からデータサイエンティストという職業を意識しておけば、将来的に大活躍できる可能性もありますので、特にIT関係の仕事に従事している方は転職を意識してみてはいかがでしょうか。